東京バッハ・カンタータ・アンサンブル

メンバー紹介(弦楽器)

弦楽器のメンバー 菅・打・鍵盤楽器のメンバー

Concertmaster

蒲生 克郷

東京藝術大学卒業後、ドイツ・ヴュルツブルク音楽大学にて研鑽を積む。ヒルデスハイム市立歌劇場管弦楽団奏者、ヒルデスハイム室内管弦楽団コンサートマスターなどを務めた後帰国。
現在、東京藝術大学管弦楽研究部(藝大フィルハーモニア)コンサートマスター。エルデーディ弦楽四重奏団、アンサンブofトウキョウ各メンバー。

Concertmistress

川原 千真

東京芸術大学音楽学部及び大学院修了。「古典四重奏団」として97年村松賞、平成16年度文化庁芸術祭大賞、平成19年度芸術祭優秀賞受賞。「音楽三昧」として08年、第7回サライ大賞CD・DVD部門受賞。「アンサンブルBWV2001」メンバー。CD多数リリース。

Violin

上ノ山 美香

北海道出身。桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学研究科修了。在学中小林健次氏に師事。現在ソロ、Duo“Demi-sec”などで活動中。

大谷 美佐子

東京芸術大学卒業。1989年IMAS交響楽団と共演。1990年ボストンでロマン・トーテンベルク、ペーター・ザゾフスキー各氏の指導をうけ、ロンジ音楽院にてリサイタルを行う。1991年第105回神奈川県立音楽堂推薦音楽会に出演。1992年、1995年横浜で、1999年、2007年東京でリサイタルを行う。(故)井上武雄、浦川宜也、瀬川光子の各氏に師事。現在、フリーでソロ、室内楽、ミュージカルと、活動中。イリス弦楽四重奏団メンバー。

小田 瑠奈

国立音楽大学卒業 英国王立音楽大学にてARCM PGDipromaを取得。現在フリー。「ハイヤーフォード・クァルテット」、バロック・アンサンブル「レ・キャトル・セゾン」メンバー。

小原 康子

東京芸術大学卒業、ウィーン国立音楽大学留学。大塚雪子、清水章央、多久興、ヨゼフ・シーボの諸氏に師事。バッハカンタータクラブに所属し、数多くの宗教曲に触れる。バロックヴァイオリンを若松夏美氏に師事し、古楽器の演奏にも力を注ぐ。室内楽、特にデュオ(ヴァイオリン2本、ヴィオラとヴァイオリン等)を精力的に取り組んでいる。

海保 あけみ

東京芸術大学音楽学部卒業。フリーの演奏家としてオーケストラ、室内楽の分野で活動中。シンフォニア・フォンス・アルモニエのメンバー。尚美学園大学オーケストラ演奏員、芸大バッハ・カンタータ・クラブOB会員。

片桐 恵里

東京藝術大学卒業。同大学院終了バイオリンを浦川宜也、掛谷洋三、室内楽をルイ・グレーラー、ピュイグ・ロジェの各氏に師事。オルパス弦楽四重奏団のメンバー。

木村 喜代美

滋賀県立石山高校音楽科を経て、東京芸術大学音楽科器楽部卒業。現在は、フリー演奏家として活動中。

桐山 健志

(Viola兼)

東京芸術大学を経て同大学院修了。フランクフルト音楽大学卒業。1998年第12回古楽コンクール「山梨」第1位。1999年ブルージュ国際古楽コンクール第1位。2005年古楽コンクール「山梨」の審査員を務める。愛知県立芸術大学准教授、フェリス女学院大学非常勤講師。「シャコンヌ」(CAIL-728)を皮切りに多数のCDをリリース。

高木 聡

東京芸術大学音楽学部卒業。ヴァイオリンを小沢 真琴、岡山 潔、和波 孝禧、塚原 るり子の各氏に、室内楽を小林 道夫、金昌国の各氏に師事。芸大バッハカンタータクラブにて小林道夫氏のもとで研鑽を積む。第九回全日本ソリストコンテストにてベストソリスト賞受賞。東京芸大管弦楽研究部講師を勤めた後、現在東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団団員。ソロ、室内楽、バロックヴァイオリン奏者としても活躍中。
→ 公式HPはこちら

長岡 聡季

東京藝術大学音楽学部付属高校、同大学を経て、同大学院室内楽科修士課程修了。現在同大学院室内楽科博士後期課程に在学中。横浜シンフォニエッタコンサートマスターを務める他、各地のオーケストラのゲストコンサートマスター、客演首席奏者を務める。

鍋谷 里香

東京芸術大学卒業。ウィーン市立音楽院ヴァイオリン科、室内楽科を最優秀賞で卒業。帰国後は室内楽を中心に各地で演奏。また古楽器奏者として「オーケストラ・シンポシオン」「コンヴェルスム・ムジクム」のメンバーでもあり、幅広い音楽活動を展開中。

西尾 優子

東京芸術大学音楽学部卒業 在学中バッハカンタータクラブに所属 現在フリー

花崎 淳生

東京芸術大学及び同大大学院修了。エルデーディ弦楽四重奏団、古典四重奏団、BWV2001メンバー。

濱田 マサ子

東京芸術大学器楽科卒業後、東京交響楽団に6年在籍。
第一ヴァイオリン フォアシュピーラー奏者を務める。
神奈川県学生音楽コンクール高校生の部第2位。
全日本演奏家協会主催ソリストコンテスト優勝。
現在、フリー奏者として多方面で活動。

松川 裕子

長崎市生まれ。東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。同大学院修士課程修了。菅家恭子、故松村英夫、浦川宜也、藤原浜雄、Lothar Straussの各氏に師事。フィルハーモニーカンマーアンサンブル メンバー。聖徳大学講師。現在、ドイツへ留学中。

宮崎 桃子

小学校では合唱部に所属。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学を経て、東京藝術大学大学院を修了。在学中、芸大バッハ・カンタータ・クラブにて小林道夫氏の指導を受ける。現在、ソロ・アンサンブル等の演奏活動を行うほか、桐朋学園附属「子供のための音楽教室」講師をつとめる。合唱と一緒に演奏することが大好きです。

宮下 恵久子

国立音楽大学を経てハンガリー国立リスト音楽院卒業。在学中より United Philharmonic Vienna のメンバーとして活動後、帰国。現在はフリーランスの奏者としてジャンルを問わず幅広く活動中。

宮本 佳代子

北海道教育大学芸術学部音楽科を卒業後、ハンガリー国立リスト音楽院に留学。ハンガリー各地でオーケストラ、ソロ、アンサンブルの演奏活動を行う。現在、オーケストラ、ソロ、室内楽、TV、映画音楽レコーディングなど多方面で活躍中。

三輪 真樹

(Viola兼)

東京芸術大学卒業。ヴァイオリンを海野義雄、原田幸一郎の各氏に、バロック・ヴァイオリンをC.マッキントッシュ氏に師事。「古典四重奏団」ヴィオラ奏者。「アンサンブルBWV2001」メンバー。

吉田 篤

(Viola兼)

山口県出身。山口県学生音楽コンクール金賞、コンクール大賞受賞。全日本学生音楽コンクール福岡大会第一位。東京芸術大学音楽学部楽理科卒業、同大学院室内楽科ヴィオラ専攻修了。現在、東京芸術大学管弦楽研究部非常勤講師。「カルテット・アーニマ」、「小松真知子とタンゴクリスタル」、「Tango-jack」メンバー。

Viola

鈴木 友紀子

東京藝術大学音楽学部卒業の後、同大学院音楽研究科室内楽専攻を修了。ヴィオラを菅沼準二・川崎和憲の各氏に、室内楽をクロード・ルローン、松原勝也、山崎伸子の各氏に師事。現在フリーで活動中。

幡谷 久仁子

東京藝術大学音楽学部、同大学院修士課程終了後、ドイツに留学する。現在フリーで室内楽、古楽器のアンサンブルを中心に活動

深沢 美奈

1993年、第3回日本室内楽コンクール入選。1994年、同声会主催による東京芸大卒業生演奏会に出演。1995年、東京文化会館新進音楽家デビューコンサートに出演。1997年、東京文化会館小ホールにてヴィオラジョイントリサイタルを開催。同年、東京芸術大学を経て同大学大学院を修了。モダン、バロックのオーケストラ、室内楽などで幅広く演奏活動中。

李 善銘

神戸市に生まれる。東京芸術大学管弦楽研究部講師を長年務めたのち、1996年名古屋フィルハーモニー交響楽団に入団、ヴィオラの副主席奏者を務めたのち、2007年6月に退職、その後はフリーのヴィオラ奏者として多くの室内楽活動、ソロ活動を行っている。現在東京バッハ・カンタータ・アンサンブルを主宰、名フィルメンバーによるカルテット・ディソナンツェンのメンバー。神戸と名古屋を拠点にして、バッハのカンタータを中心とした指揮活動なども行っている。名古屋芸術大学音楽学部講師(ヴィオラ&古楽アンサンブル)

Violoncello

伊藤 惠以子

東京芸術大学音楽学部卒、博士課程修了。チェロを三木敬之、R.フラショー、倉田澄子の各氏に師事。音楽コンクール入選、パリのエコールノルマルで学ぶ。卒業後はフリーでピアノ四重奏 Ensemble Delice やハープトリオの他、様々な演奏活動を行っている。

小貫 詠子

東京芸術大学、大学院修士課程修了。ドイツ国立アウグスブルグ音楽大学卒業。(松尾音楽財団より奨励賞リゾナーレ音楽祭にてマイカル賞を受賞)。埼玉県立大宮光陵高校音楽科(チェロ専攻)非常勤講師

小林 奈那子

慶応義塾大学文学部を卒業後、東京芸術大学大学院古楽科を修了。ハンガリー国立リスト音楽院に留学。奨学金を得て、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭に参加し、アンナー・ビルスマに学ぶ。現在「レ・ボレアード」、東京バッハ・モーツアルト・オーケストラのメンバー。チェロを山崎聡、鈴木秀美、O・ケルテースに師事。

田崎 瑞博

東京芸大卒。桑田晶、兎束龍夫、山岡耕筰、外山滋、小林道夫の指導を受ける。チェロ、ヴィオラ、古楽器奏者。「タブラトゥーラ」、「古典四重奏団」、アンサンブル「音楽三昧」、アンサンブル《BWV2001》のメンバー。「古典四重奏団」は97年度村松賞、平成16年度文化庁芸術祭大賞、同19年度優秀賞を各受賞。

豊原 さやか

東京芸術大学音楽学部、京都市立芸術大学大学院、フライブルク音楽院卒業。マインツ州立歌劇場付属オーケストラで研修生としてまたドイツ、スイスでの数々のオーケストラに於いての活動を経て2007年9月に帰国。現在国内にてフリーの活動をしている。

山本 徹

東京藝術大学および同大学院古楽科を修了。土肥敬、河野文昭、北本秀樹、鈴木秀美の各氏に師事。東京芸大バッハカンタータクラブにて小林道夫氏の指導の下研鑽を積む。BCJ・OLCのメンバー。06年、第20回古楽コンクール<山梨>第2位。08年、第16回ライプツィヒ・バッハ国際音楽コンクール第2位。

Kontrabass

河原田 潤

福島市出身。武蔵野音楽大学大学院コントラバス専攻修了。在学時に福井直秋記念奨学生となる。コントラバスを佐々木 等、檜山 薫、ツォルト=ティバイ、村上 満志の各氏に師事。現在、常葉学園短期大学保育科専任講師を務める傍ら、東京バッハ・カンタータ・アンサンブル、アンサンブル=エスプレッソ、ヴェリタス室内管弦楽団メンバーとして等、演奏活動も活発に行っている。

寺田 和正

’74年高知県生まれ。2001年よりニューフィルハーモニーオーケストラ千葉メンバー。

蓮池 仁

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コントラバス奏者。桑田文三、永島義男に師事。カンタータクラブ時代多くの教会カンタータの美しさに触れ、この経験がのちのオーケストラ、室内楽、古楽活動の基礎となる。アンサンブル音楽三昧、アンサンブルBWV2001メンバー。

菅・打・鍵盤楽器のメンバー